| コメント(0) | トラックバック(0)

アフターサービス

| コメント(0) | トラックバック(0)
 私共の建築工事は、木材そのものが生きものですから建物が減失するまで、責任をもってお付き合いをさせて頂く責任があります。
 特に最近の住宅設備機器(特に流し台に組みこまれた食洗機・IHヒーター・給湯器等のリモコン)は電化製品そのものです。それに伴いアフターサービスの件数が年々増加して参りました。各住宅設備機器のメーカーさんは、工務店からアフターサービスの煩雑さを軽減しようとしてか? メーカーのみで直接出向いて(それもほとんど下請業者)修理をされ、依頼のあった工務店に報告書をFAXするのが実状です。
 私は手がけさせて頂いた物件のアフターサービスは、当社担当者にメーカー(若しくは協力業者)が同行するのが本来あるべき姿だと思います。
 工事を頂いた時の感謝の気持ちを忘れ、何でも手間隙省くことはお客様に失礼ではないかと思います。末永くお付き合いを頂いての商いだと自らが肝に命じておかねばと思います。

近況報告

| コメント(0) | トラックバック(0)
 先週は公私共に忙殺され、ブログの掲載ができなかったことを、お詫び申し上げます。
 お客様の葬儀に参列し、方丈記の一説を胸に刻み人の無情なることを切実と実感致しました。
 又数年ぶりに税務署の調査を受けましたが、調査官の質疑に正々堂々、明確に応対し、ご理解を頂けたことで、晴れ晴れとした気持ちで一週間を迎えることができました。
 月曜日は新たな週の始まりです。
 悔いのない一日一日となるよう、自らの闘いに勝利していきたいと思います。

言行一致

| コメント(0) | トラックバック(0)
 未熟な私が申し上げることは、実に心苦しい思いですが、信なき言葉が一人歩きする昨今の風潮を見るに、経営に携わる者として、断腸の思いがします。
一、もて余す程の学問、教養がありながら、言葉と振る舞い(行動)が
  一致しない人
二、自己保身の為ならば、自らの思想信条ですらやすやすと転じる人
三、発言はしたものの、責任を問われると軽々と前言を翻し、自己弁護に
  やっきになる人
 列挙すると、きりがありません。
 私共経営者の発する言葉が“信を失う”と商いをする資格すらないと、私は断言してよいと思います。商い自体が成立しません。
 「綸言汗の如し」とも申します。
知行合一の精神を学び自らが言行齟齬にならぬよう段練の毎日でなければ世の中に申し訳ないと思います。

終戦記念日

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本日は、終戦記念日でお盆です。私は、母が45歳の時に誕生しました。(母は大正元年8月生まれ)今年は13回忌を迎えます。存命ならばちょうど100歳です。母は戦後、満州(新京)からの引揚者です。長女、次女、長男と幼な子3人を守り必死の帰郷だったそうです。子供の頃(小学校の頃迄だと思う)よく、聞かされました。父はシベリア抑留後(昭和22年頃と思うが定かではない)帰郷しましたが、母とは逆に戦中、戦後のことは余り語ることはなかったように思います。

 戦後66年。先の戦争では300万人を越える犠牲を払い、今日の平和な日本が築かれました。日本人として生を受け、苦難の中で私を産んでくれた両親には、大変な恩を感ずる年齢になってきました。一人の人間として、「報恩の念」を強く堅持し惰弱な精神に、鞭打ち、心に油断なく少しでも世の中のお役に立てるよう努力して参ります。

経営の姿勢2

| コメント(0) | トラックバック(0)
 私は経営者として、365日仕事に関わることが大事だと思います。
組織又自らの目標達成の為に、“誰にも負けぬ努力をする”こと、それ自体が翻って考えれば、組織を守り、社会に貢献することであり、自己実現を可能にすることと思います。
とりたてて趣味をもたない私にとって、365日仕事をすることは、今の世の風潮からすると、おかしな人種に映るかもしれませんが、むしろ、私にとっては自らの使命を全うする道に、一歩一歩近づくのではないかと確信し、胸中深い所では喜悦すら、覚えます。
又一週間自らに挑戦する日々でありたいと思います。

経営の姿勢1

| コメント(0) | トラックバック(0)
 経営に携わる者として、折にふれて心深く思うことが、あります。
今日、商いができることは、多くのお客様とのご縁があり、その仕事に関係する協力業者の方々、又社員の協力なくしては、何一つ成就することができなかったことを、実感しています。
私一人の力は、微々たるものです。
私は商いに取り組む姿勢と、自らの人生観が符合することが経営者として肝要ではないかと思ってます。毎日毎日が精進の日々でありたいと思います。

初めてのブログ投稿です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
 世の中、不思議なことがあるものです。
私がブログを書くなんてことは想像すらしなかったことです。
時代の移り変わりの早さを実感するとともに、言いようのないとまどいに、恐怖すら感じます。
私も55歳になりました。
現役の残り10年、獅子奮迅の指揮を執り、事業がお客様、世の中のお役にたてるよう、一生懸命働かせて頂くことを、ブログ最初の誓いにしたいと思います。
毎週月曜日、呻吟しながら更新して参りますのでアクセスのほど宜しくお願いします。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。